2015年10月05日

銅の洗い桶 高橋加代子さんのモニター結果のお知らせ♫

皆様 こんにちは・・・

105日 今週もがんばってまいりましょう♪


もう少しすると、山は一斉に紅葉がはじまりますね。

そんな 今年の秋の紅葉を見に、今月は

登っておきたいなぁ と 思っている今日

この頃です。


さて、今日の道具のお話

自分自身が使ってみて やっぱり「いいわ」と

思った いや 思っているものの一つ 銅の

洗い桶についてのお話です。

銅洗い桶32cm真上.JPG

銅洗い桶32cm横 (2).JPG










以前にもお話したと思うのですが、銅などの

金属には微量金属作用と呼ばれる効果がある

そうです。

水などに溶け出したわずかな量の金属のイオンが

細菌類の活動を抑える効果です。

銅の他に金や銀にもその効果があります。


先日(と 言ってもかなり前)・・・

高橋加代子さんがご来店になり、その

お話をすると、とても興味を示されて、

丁度 銅の洗い桶が入荷していたので、「モニター」

してみて頂きました。

その加代子さんのモニター結果をご紹介します。

<使用状況>

・深いタイプのゴミ受けを使用

・洗い桶に水を溜め、排水溝の左側から流し、

右で汚れの付き方が違うか調べる

2ヶ月使用(201576日〜)

・銅の洗い桶を使う前は、ぬめりが付きにくいと

いう丸いセラミック使用していたがほとんど効果がなかった

<効果>

夏で気温が高く湿度も高い状態でしたが、排水溝

ゴミ受けとも、ぬめりが付きにくかったです。


<経過>

2015.7.6 排水溝の汚れに左右差が見られず

ゴミ受けは少し茶色になっている部分があります。

高橋加代子さん銅の洗い桶32CM@.jpg








2015.7.7 はっきりと左右で汚れの付き方が違っており

中心から右の方が茶色になっています。

高橋加代子さん銅の洗桶32cmA.jpg










2015.7.8 前日とあまり変化がないです。


2015.7.9 前日とあまり変化がないですが、排水溝の

下の方が黒くなり始めています。

ゴミ受けは初日と変わらず、セラミックが

きれいになっています。


高橋加代子さん銅の洗い桶32cmB.jpg











高橋加代子さん銅の洗い桶32cmC.jpg










2015.7.11 黒い部分が増えてきましたが、茶色の汚

は右に集中しています。

ゴミ受けはぬめりが目立ち始めました。

高橋加代子さん銅の洗い桶32cmE.jpg











高橋加代子さん銅の洗い桶D.jpg










2015.7.13 排水溝の底の部分にぬめりが出始めました。

ゴミ受けのゴミだけを捨てていましたが、

ゴミ受け・排水溝の掃除をしました。

 高橋加代子さん銅の洗い桶F.jpg











その後、汚れの付き方に外が出るか調べるため、

ゴミ捨てのみ、ゴミ捨ての時ゴミ受けも洗うなど、

試してみました。

気温が高く、湿度も高い時期のためか、

だいたい34日で汚れが目立ってきます。


2015.9.2ゴミ捨てだけで4日経過。左手前は汚れが

        少ないですが、全体に汚れとぬめりがあります。



<結論>


・ゴミ受けのゴミを捨てるだけだと、34日で


排水水溝に汚れが付きやすい状態になる。


・洗い桶に食器を入れたまま放置する時間が


長いと汚れが付きやすい。


・一度汚れが酷くなると、ゴミを捨てるだけでは


排水溝に汚れが付くのが早くなるし、汚れが落ちにくくなる。


・野菜を洗う時に洗い桶を使う、お米の研ぎ汁を


洗い桶に溜めて流すなど、小まめに洗い桶を


使用した方が、ゴミ受けや排水溝に汚れが付きにくい。




余談ですが、二十日程度セラミックをこれまで通り


使用しましたが、汚れの付き方に違いは見られません。


それより、今まで毎日洗ってもきれいにならなかった


セラミックが、汚れが付かなかったので驚きました。




加代子さん 本当に詳しく実験していただきありがとう


ございました。このモニターの結果はまずは私が感じた


ことハートこまめに銅の洗い桶に溜めた水を流すことで


微量金蔵作用がおこっているということですね♪


とても とても 長文になってしまいました。


次回は銅製品のお手入れ方法について書いてみたいと


思います。




最後まで読んでいただきありがとうございました。


銅洗い桶商品についてはコチラ






posted by ようこさん at 13:52| Comment(0) | 調理道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。